内科の診療

postheadericon 上手にストレス解消

心療内科で行う治療は精神科と変わりなく、辛い症状の原因を十分に聞いてから、症状に合う薬を出すという治療を行っています。
心療内科と掲げている医院も増えたため、風邪や胃の不調などと同じ感覚で、通いやすくなっています。
ストレスは上手に解消しないと、免疫力低下、体力低下に繋がるため、万病のもとになります。
精神疾患は脳の病気でもあるので、専門家である心療内科医へ相談し、気長に治すように構えていくことが重要となります。

内科の色々な薬

postheadericon 脳の病気と同じ意義

どちらの病気も今までは、心が弱い人がかかる病気のように言われてきましたが、脳神経外科で脳の病気を治療した場合にも、同じような症状がみられることがわかってきて、最近では脳の病気であるという捉え方をされるようになってきました。
精神疾患は、内科などの一般的な診療科より、精神科で治療することが早く治ります。
最近では精神科のあまり良くないイメージを払拭するために、心療内科、メンタルクリニックという科名で治療を行う医院が増えてきました。

内科の緑の薬

postheadericon うつ病などの病気は

現代社会ではストレスが多く、うつ病やパニック障害など、神経を病んでしまう方が多くなってきています。
うつ病は日本人だと10~15人に一人がかかる身近な病気で、今まで趣味に打ち込んでいたものにも手がつかない、大好物を目の前にしても食欲もわかないという、心の元気が足りなくなる病気です。
パニック障害は本能的な危険を感じる扁桃体という脳の一部が暴走してしまうことにより、敵でないものも敵を感知してしまい、呼吸が苦しくなったりする病気です。

内科の注射と薬

postheadericon 専門科への相談

脳神経外科で検査をうけられて、脳の委縮や血管がつまっているなどの症状が見られた場合は、認知症を疑い、内服治療などを行っていくことも大切になります。
ただ、認知症の中でも様々な病状に分かれますので、やはり脳の検査というものは重要になります。
物忘れだけなのか、うつ傾向がみられるのか、暴言や暴力行為があるのかなど病状にもよりますが、最後に必要なのが心療内科になります。
心療内科では、その方の症状にあわせて、適切な相談や内服の処方などをしてもらえます。
脳神経外科での専門的な診察を定期的に受けながら、心療内科で相談していくといった、それぞれの専門分野を生かした診察を受けていくことが重要です。

内科の青いカプセル薬

postheadericon 適切な診断を

適切な診断をしていただくためには専門的な病院へかかる必要性があります。
先ほどの認知症という診断をみてもそうですが、脳神経外科にかかることで、脳の状態や病気などが詳細にわかります。
脳神経外科とは脳腫瘍や脳梗塞などの大きな病気が連想されがちではありますが、病気を予防するために、今の自分の脳の状態を知ることができる検査なども行えます。
脳のMRI検査や適切な診断方法により、脳の状態や病名を決定しますので、より的確な治療を受けることができるようになります。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031